本編を視聴するには、見放題コースのご契約が必要です。

0

アトスビデオレッスンで自由自在に曲を奏でよう!

※この動画は、月額会員の方のみ視聴ができます。

この動画が含まれる
月額見放題

ギタリストのためのジャム・セッションのススメ[ブルース進行編]

超定番のKEY=Aのブルースはもちろん、雰囲気たっぷりのスロー・ブルースや、スウィングのリズムに乗せてⅡ-Ⅴを弾くジャズ・ブルースなど、様々なブルース・セッションで使えるフレーズとアイデアを、バッキングとソロに分けてそれぞれ紹介。

■Demonstration/Blues Session
■KEY=Aのブルース進行 on 8Beat
 ◆バッキング編
      ◎ベーシックなコード・フォームによるスキ間を設けたバッキング
      ◎13thを取り入れた定番バッキング
  ◎13th&m7thを取り入れたR&B必修バッキング
      ◎m3rd→△3rdを取り入れた4・3弦による複音バッキング
◆ソロ編
      ◎マイナー・ペンタ6弦ルート・ポジションの確認フレーズ
  ◎3弦7fの1音チョーキングを交えたフレーズ
  ◎2弦8fの1音チョーキングを交えたフレーズ
  ◎クォーター・チョーキングを交えたフレーズ
■KEY=Eのブルース進行 on 16Beat
 ◆バッキング編
      ◎ブラッシング交じりの16ビート・カッティング
  ◎9thなど装飾を取り入れたコード・カッティング
  ◎なるべく音域を変えない単音カッティング
  ◎スキ間を多く設けたバッキング
 ◆ソロ編
      ◎Eマイナー・ペンタの5弦ルート・ポジション 
      ◎Eマイナー・ペンタのスライド入り5弦ルート・ポジション
  ◎クォーター・チョーキング入りのブルージィなフレーズ
  ◎13th入りのフレーズ
■KEY=Gのスロー・ブルース
◆バッキング編
  ◎m3rd→△3rdの装飾を取り入れたブルージィなバッキング
  ◎9thや13thの複音を取り入れたバッキング・フレーズ
  ◎動きのある複音フレーズ
  ◎ターン・アラウンド時の定番フレーズ
 ◆ソロ編
  ◎マイナー・ペンタに△3rdを取り入れたフレーズ
  ◎9thを取り入れたフレーズ
  ◎6弦ルートのスライド入りポジションで16分音符主体で弾く
  ◎音符にとらわれない人の声的なフレーズ
■KEY=Fのジャズ・ブルース on スウィング
◆バッキング編
  ◎3&4弦による4分打ちバッキング
  ◎様々なテンション音を取り入れたバッキング
  ◎ウォーキング・ベース入りの一人バッキング
 ◆ソロ編
  ◎Fメジャー・ペンタからFマイナー・ペンタへ切り替える
  ◎Fメジャー&マイナー・ペンタをミックスしたフレーズ
  ◎Am7・D7−Gm7時のフレーズ
  ◎Gm7−C7−F7時のフレーズ
■Demonstration/Jam Session in Bm7
■コラム① 「ジャム・セッションの種類の参加方法」
■コラム② 「ジャム・セッションで得られること」
■練習用マイナス・ワン(カラオケ)
■コラム① 「まずはブルース・セッション」
■コラム② 「音量について」
■コラム③ 「ギター・ソロについて」

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる