本編を視聴するには、見放題コースのご契約が必要です。

1

アトスビデオレッスンで自由自在に曲を奏でよう!

※この動画は、月額会員の方のみ視聴ができます。

この動画が含まれる
月額見放題

究極のブルース・ロック・ギター

渋すぎフレーズ×極太トーン!
ロックとブルースをいいトコ取りしたプレイを解説。
ブルースとロック双方をルーツに持ち、実力派として名を馳せるギタリスト安達久美が、
ブルース・ロックを徹底解説。
エフェクターに頼らずに、太く、心地よく歪んだ音で弾く方法や、ペンタトニックに頼らないソロの組み立て方など、
ブルース・ロックを弾きこなすための秘訣が満載。
ギター本来の音色と、ギターにしか出せないチョーキングなどを生かした、渋くて哀愁あるフレーズを堪能できるようになります。

■Demonstration『Danjiri Funk』feat.清水興,星山哲也
■太い音を出す秘訣
 ◎ピックの弦に当てる位置を変えてみる
 ◎ギターのボリューム・ポッドで歪みの量をコントロールする
■ギター・ソロをワンパターンにしないために
 ●手グセをアレンジして活用
  ◎手グセフレーズにチョーキングや スライドを混ぜて様々な音で表現する
  ◎フレーズの入り口を変えたり リピートするなどして構成を膨らませる
  ◎いつも弾いているフレーズを 別のポジションで弾いてみる
 ●指板にあるペンタの形の垣根を取り払う
  ◎ペンタの隣に足を踏み入れよう
  ◎1弦だけを使ってソロを弾く練習
 ●コードの構成音を理解してアプローチする
  ◎スケールを覚えなくてもコードの構成音を覚えればOK
  ◎3コード進行に構成音を当てはめてソロを組み立てる
■Demonstration『Catch Ball』feat.清水興,星山哲也
■良い音を出す秘訣とは
 ●左手のタッチを意識する
 ●ピックを入れる角度を意識する
 ●ピッキングの位置を意識する
■耳コピしたフレーズの活かし方
 ●後ろのコードを意識する
 ●コードを変えてアプローチする
 ●フレーズをアレンジする
■ステージ・パフォーマンス
■Demonstration『lose control』feat.清水興,星山哲也

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる