本編を視聴するには、見放題コースのご契約が必要です。

0

アトスビデオレッスンで自由自在に曲を奏でよう!

※この動画は、月額会員の方のみ視聴ができます。

この動画が含まれる
月額見放題

偉大なブルース・マンのスタイルと名曲に学ぶ アコースティック・ブルース・ギター入門

ブルースの本質であるアコースティック・ブルースの基本奏法についてを、「Hey Hey」「Key To The Highway」といった名曲や、
ロバート・ジョンソン、マディ・ウォーターズなどの偉大なブルース・マンのスタイルを題材に、約2時間に渡って解説します。

■Demonstration 「St.Louis Blues」
■ブルースを弾く前に
 ●フォーム
 ●体幹をずらさずにギターを持つ
 ●爪のケア
~指弾き編~
■ブルースらしいメロディ音の弾き方
 ●倍音が多く抜けのいい音を出すために
 ●ミュート
■単音ベース
 ●2&4拍を強調してグルーヴを出す
 ●複音で音に厚みを出す
 ●練習曲「Key To The Highway」
■スナップ・ベース/前にはじくピッキング
 ●ひっかける角度による音の違い
 ●練習曲「Hey Hey」
■ギャロッピング/Big Bill Broonzy風
 ●5&6弦をブリッジ・ミュートしてタイトに聴かせる
 ●2&4拍を複音で強調する
 ●2&4拍をカットして強調する
 ●練習曲「Bill Bailey」■ギャロッピングの応用
~Arthur ""Blind"" Blake風ローリング・ベース
  ◎親指の使い方
  ◎基本的な動き
  ◎転がるリズムの出し方
  ◎練習曲「Diddie Wa Diddie」風
■シャッフル・ベース
 ●ロバート・ジョンソン・スタイル
 ●叩きつけるピッキングと右手カット
 ●練習曲「Sweet Home Chicago」
■ウォーキング・ベース・スタイル
 ●ベース音をシャッフルで弾いてメロディを合わせるスタイル
 ●練習曲「Road To Mississippi」
  ◎横にうねるグルーヴ
  ◎右手カット
~フラット・ピック編~
■フーチー・スタイル/12小節進行でないブルース
  ◎マディ・ウォーターズ・スタイル
 ◎練習曲「Alberta Alberta」 
 ◎ブギー・スタイル 
~スライド編~
■スライド・ギターの基本
 ☆レギュラー・チューニングでのスライド
 ☆エルモア・ジェームス・スタイル

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる